AGA治療薬プロペシアが人気を集める3つのポイント

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

AGA治療に用いられるプロペシアは、多くの薄毛専門病院で処方される薬ですが、どんな長所があるのでしょうか。
プロペシアは、男性ホルモン自体に働きかけるため、頭全体の薄毛に効果があります。
AGAを進行させる成分を阻害するということで、その反応が起きている箇所にはまんべんなく効果があります。
さらに、「進行を止める」効果が一番の長所といえます。
脱毛の抑制をしておけば、それ以上髪が痩せてしまうことがなくなるので、復活させる準備ができるのです。
この、「髪を育てる」方向へのアプローチは、プロペシア以外の薬で対応が可能です。

今回はそんなプロペシアが人気を集めている理由を3つのポイントで見ていきたいと思います。

参考サイト:プロペシアによるAGA治療

医学的にも有用性が認められている

プロペシアは、科学的にも有効だと認められた薬品です。
投与による効果は、1年で十分な育毛効果が見られるという研究結果が出ています。
2010年、日本皮膚科学学会が円形脱毛症診療ガイドラインとして、治療に有効な薬をランク付けしました。
その評価において、プロペシアは5段階評価におけるトップクラスのA=「強く勧められる」というランクがついたのです。
学会も、医学的な根拠によりプロペシアの有用性を立証していることが理解できる結果です。

体毛が濃くなる心配がない

また、思わぬ副産物として、プロペシアは男性ホルモンを調整するため、体毛に関しては薄くなるという効果もあります。
髪の毛が薄くなってしまうのでは?という心配は無用、頭皮には育毛効果を発揮します。
体毛が濃くて悩んでいる人は、薄毛は予防できて体毛は薄くなるという、一石二鳥の薬です。

遺伝要因にも強い

薄毛については、様々な要因で進行してしまうものですが、特に遺伝による要因が大きい人にプロペシアは効果的です。
プロペシアは、治療が難しいM字型の脱毛にも効果があるといわれています。
それは、脱毛反応が起こる物質自体を抑制するためです。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0