事前に知っておくべきミノキシジルの副作用

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

ミノキシジルでAGA治療をする場合、どのような副作用があるのでしょうか。
薄毛治療薬とはいえ、体に影響を与えるものですので、自分に合った薬なのかを知っておく必要があります。

まず、頭皮に塗布するミノキシジルの場合、肌にあわないと「かゆみ」が発生する副作用が確認されています。
「皮膚のかゆみ」は最も報告例が多く、もしひどい場合は炎症を起こしてしまうこともあるので、使用を中止しなければなりません。

また、毛細血管を拡張する働きから、ほてりや発汗、めまいが現れる場合もあります。
ミノキシジルは、血管を拡張して血圧を下げるため、特に低血圧になってしまう人は注意が必要です。
血圧降下剤を服用するなど、循環器系の持病がある人が飲むと、副作用で心臓に大きな負担をかけてしまいます。
こうした持病がある人は命にかかわってくるので、特に服用タイプのミノキシジルを使う場合は医師に相談しましょう。

育毛の作用があることから、体中の体毛が濃くなる、という副作用も報告されています。
すね毛やヒゲだけではなく、顔の産毛、手の指の毛が濃くなるケースもあります。
男性はあまり気にならないかもしれませんが、女性がこうした副作用を起こすと著しく見た目が変わるため、恥ずかしい思いをするかもしれません。
体毛が濃くなるのは副作用として気になる点ですが、それだけ効果が出やすいといえます。

一番気になる副作用といえば、「脱毛現象」です。
使い始めて1ヶ月以内に、突然毛が抜け出すことがあり、驚くかもしれません。
しかし、これは髪の毛の生え変わりサイクルが変わるために起こる現象で、効果が出てきたと思っても良いでしょう。

こうした副作用は、人によって程度が異なりますが、しばらく使い続けてみてそれでもおさまらない場合は止めてください。
そして、すぐに医師の診察を受けるようにしましょう。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0