AGA治療とは?

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

AGAってそもそも何?

AGAとは数ある薄毛の原因のうち、「男性型脱毛症」というもので、男性に多く見られる禿げ方が特徴の症状。
一般的な薄毛の原因の95パーセントがこのAGAだとされています。

薄毛、抜け毛の原因にはその他にも「円形脱毛症」「脂漏性脱毛症」などの種類があります。
これらの症状に比べて、AGAは治療がしやすく改善の余地がある薄毛といわれています。

原因は?

AGAは、「男性型脱毛症」ということで、その原因が男性ホルモンに深く関係しています。
脱毛の原因が男性ホルモンの「ジヒドロステロン」という成分にあるためです。
ジヒドロステロンは、髪の毛の育成を阻みヘアサイクルの成長期間を短くしてしまいます。
髪の毛が太くなる期間が短くなり、短い毛ばかりになってしまう結果、すぐに抜けてしまったり全体の量が減ったように見えてしまうのです。

AGA治療ではどんなことをするの?

AGA患者の頭皮には、この「ジヒドロステロン」が多く見られます。
そして、「ジヒドロステロン」は男性ホルモンの一種「テストステロン」が変化した物質です。
「テストステロン」はそれ自体に髪の毛を薄くする作用はありません。

しかしながら、何らかの原因でテストステロンが減少すると、ジヒドロステロンが多く生産されてしまうといいます。
テストステロン減少の原因は、加齢やストレス、不規則な生活が挙げられます。

逆に言えば、こうした要因がなければいつまでも20代並のテストステロンが分泌されるという人もいます。
AGA治療は、主にホルモンの調整やストレス、生活改善を行っていくことで薄毛を改善していこうとするものです。

自分がAGAかどうか知りたい!どうしたらわかる?

AGAはゆっくりと薄くなっていくのが特徴です。
そして、薄くなるエリアが人によって異なり、大きく2パターンに分かれることも特徴的です。

O字型
頭頂部を中心に髪が薄くなります。

M字型
髪の生え際や前頭部を中心に髪が後退していきます。

また、O字型とM字型の複合型の人も居ます。

AGAだった場合、髪の毛が一切なくなるというわけではなく、産毛が残っているのも特徴です。
産毛が残っているということは、髪の毛を再び太く長く生やす可能性があるということで、治療の余地があります。
ジヒドロステロンによって髪の毛の成長期が阻害されているので、再び太く成長させようというわけです。
その方法が、O字型とM字型で若干異なるので、ホルモン治療をするのか、または生活指導を行うのか…など、カウンセリングによって治療方針を決めていくのが一般的です。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0