薄毛の原因と治療法

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

AGA治療は薄毛の原因にひとつずつアプローチして改善していくのが肝になります。
主に男性ホルモンのテストステロン減少を抑えるのがその目的になります。
テストステロンをジヒドロステロンに変化させてしまう原因を取り除いて、薄毛の改善を図ろうというわけです。

まず、原因として考えられるのがストレスです。
ストレスが多い職場で、髪の毛が薄くなっていってしまう人がいます。
課長に出世したとたん、急に…なんていう人を見たことがありませんか?
そのくらい、ストレスは薄毛と密接な関係があります。
基本的には、ストレスの要因を取り除くことが治療にとって大切です。
案外、部署異動でストレスが無くなったら改善した、というケースもあります。
ストレスが男性ホルモンを減少させてしまうことは言うまでもありません。
運動や趣味へ没頭するなどして、ストレスを減らしていくことが治療につながります。

次に、生活習慣。
不規則な睡眠は、正常なホルモン分泌を妨げます。
食生活が偏っていると、AGAは進行しやすくなります。
昔に比べて肉を食べるようになったため、薄毛の報告例が増えたといいます。
男性は特に、食生活に頓着せず好きなものを食べてしまいがちですが、それが髪の毛にも影響してきてしまいます。
さらに、飲酒・喫煙も薄毛を進行させてしまいます。
仕事で疲れて、つい飲み会で羽目をはずしてしまうこともあるでしょうが、それは正しいストレスの発散方法とは言いがたいのです。
AGA治療においては、カウンセリングで生活習慣を整え、薄毛の進行を食い止めることもあるのです。

最後に、頭皮のケアです。
頭皮の血行が悪いと、タダでさえジヒドロステロンに妨げられている育毛サイクルが滞ってしまいます。
薬なり、マッサージなり、正しいケアをして治療することで、髪の毛を太くしようというわけです。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0