AGA治療にかかる費用

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

AGA治療はすぐに効果の出るものではなく、長い年月をかけて行う治療のため、費用が心配になるかも知れません。
特に、治療は保険適用外となるので、医療機関の受診、薬代を考えると、なかなか治療に踏み切れないでしょう。
まずは、どのくらいの相場なのかを知ることで、AGA治療を具体的にイメージできるようになりましょう。

自由診療の治療は、料金が病院側で設定できるため、かかる場所によって大きく異なります。
AGA治療は、一般の病院の皮膚科などで治療できますし、薄毛専門病院でも治療できます。
一般の病院では、簡単な問診と治療薬の処方を受けることができます。
一方で、薄毛専門病院で治療をすると、カウンセリングや検査を行い、一人ひとりに合った治療方法を選んでくれます。
薄毛のタイプによっては効果的に効く薬が異なるので、確実に結果を出したいなら専門病院で治療した方が良いでしょう。
たくさんの薄毛治療実績がある専門病院はそれだけ知識の蓄積もあります。

では、薄毛専門病院の治療費はどのくらいかかるのでしょうか。
一般的な目安として、投薬治療の場合は一回で15000円~30000円ほどかかるといわれています。
一方、一般の病院は8000円~15000円と、専門病院の約半額で治療が受けられます。
一般の病院では、プロペシアの処方をされる事が多いので、もしはじめから治療方針を決めているのであれば一般病院でも問題ないでしょう。

それでもまだ高い…という人は、はじめから自分で薬を選んで、インターネットで購入するというのもひとつの手です。
海外で販売されているプロペシアやミノキシジルは、輸入代行業者を通じて購入が可能です。
この場合、薬代だけで済むのでずっと安くなります。
自分で薬を購入する場合は副作用含めてよく調査し、あくまで自己責任で行いましょう。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0