薄毛で病院に行くのは恥ずかしい!?

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

男性がAGA治療を始めるきっかけは、自分の薄毛が周囲の目にさらされて気になりだした時が多いようです。
自分の薄毛が気になっても、実際に病院の門をたたくには勇気が要るかもしれません。
しかし、恥ずかしさから踏み出す一歩で、自分の外見が大きく変わります。

行動に移した人の中には、女性からの目線を気にして治療した人も居ます。
薄毛で自分に自信が持てず、彼女を作れない…といった悩みから一念発起してAGA治療に踏み切る人や、彼女や奥さんに薦められてはじめた、という人が実際に治療しています。
髪の毛が増えたことで、女性からの印象が変わることが一番の原動力になるようです。

AGAと分かっても、治療を受けたことがない人は一度専門の病院に相談だけでもしてみると良いでしょう。

それでも恥ずかしくて病院に行けない、でも治療がしたい…という場合は、自己責任で通販の治療薬を購入するという手もあります。
一般的に、専門の病院に行くと処方される薬というのは限られてきます。
医師から処方してもらって薬剤師の説明を受けて、それから飲み始めるという流れは普通の病院と同じです。
しかし、薄毛の治療薬…と知られるのも嫌だという場合は、安心感を捨てても医師や薬剤師の目に触れるのを避けたいと考える人もいるでしょう。
こうした場合、海外の治療薬を個人輸入代行業者を利用して購入することができます。
値段も、医者にかかって処方してもらうのに比べ半額程度の値段で購入できます。

しかしながら、業者の選定を間違えると偽の治療薬が届く場合もあります。
自分の体に合った薬なのか、専門家の目を通さずに試すのはリスクもあります。
飲んでも効果がない…なんていうことにもなりかねないので、恥ずかしくても薄毛専門の病院に相談するのが一番だといえるでしょう。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0