女性のための薄毛治療

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0

AGAは男性だけのものと思いがちですが、女性の薄毛の原因がAGAだった、という場合もあります。
FAGA=「女性男性型脱毛症」という名前で、女性でも男性ホルモンが薄毛の原因になっていることが特徴です。
女性が男性ホルモン減少で抜け毛?と疑問に思うかもしれませんが、原因となる物質は同じでも、男性のAGAとはメカニズムが異なります。

そもそも、女性にも男性ホルモンは存在していて、変化したジヒドロステロンが髪の毛に作用するという所はAGAと同じです。
女性の場合は、女性ホルモンがそれよりも多く存在し、髪の毛を育てる働きをしています。
さらに、髪の毛が生え変わるサイクルも女性ホルモンのおかげで活発で、抜ける量に比べて毛髪が豊かだというのが通常の状態です。
しかし、女性ホルモンは加齢によって減少していきます。
女性ホルモンが落ちると、隠れていた男性ホルモンが優位になってしまい、抜け毛が目立ってしまうというわけです。
女性ホルモンの減少は、ストレスや食生活、特に無理なダイエットなどで起こります。
そして、髪の毛の太さが全体的に細くなっていくのも特徴です。

年を重ねると、徐々に髪の毛が痩せていってしまうのは、このFAGAが原因となっている場合もあるのです。
男性と違い、髪の毛でオシャレをする女性にとって深刻な問題です。

女性の薄毛治療は、男性と同じ病院で治療できます。
ただし、内容は男性と異なる薬の処方を受けます。
男性ばかりが通う病院に尻込みしてしまうかもしれませんが、薄毛専門の病院にいくことをお勧めします。
なぜなら、しっかりとしたカウンセリングで生活習慣などの改善アドバイスを受けられるからです。
女性の場合、生活習慣が変わるだけで体のホルモンバランスが大きく改善されることが多く、早期解決につながります。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn0